ドルの両替手数料を比較してみよう

海外に行く際に必ず行うことといえば、両替ではないでしょうか。
今回は一番身近なドルの両替についてご案内します。

両替する際には必ず手数料が発生しますが、
これは両替を行う業者によって変わってきます。

スポンサーリンク

今回はドルを両替したときの手数料を紹介していきましょう。

両替できる場所は、大きく分けて3つほどあります。
まずはよく利用されている銀行についてご案内します。

銀行の中でも手数料は変わりますが、今回は例として
二つの銀行を取り上げてみました。

三菱東京UFJ銀行
ゆうちょ銀行

この二つの銀行がなぜ利用頻度が高いのかというと、
一言でいえば「近くに必ず窓口がある」ということが大きいのではないでしょうか。

手数料は2円80銭なので、
10万円の両替で約2800円の手数料ということになりますね。

 

次は金券ショップです。
金券ショップで両替ができることを知っている人は、銀行ではなく金券ショップをよく利用しています。これは銀行に比べると手数料がお得だからです。

今回は大黒屋を例に取ってみましょう。

大黒屋は全国規模の金券ショップですが、それでも銀行に比べると
店舗数はかなり少ないといえます。

では実際の手数料はどれくらいでしょうか?店舗によって2円~2円10銭と幅がありますが、銀行よりは必ず安く提供されています。
この点は大黒屋で両替する上での大きなメリットといえるでしょう。

 

最後はFX事業者による両替です。
今では一般的にTVCMでも放送されていますが、それでも知らない人は
多いのではないでしょうか。

実店舗がほとんどなく、すべてネット上でのやり取りなのが特徴になります。
では実際にどの程度の手数料が発生するのでしょうか?

一律20銭

ネット上でしか両替出来ないというデメリットがあるものの、銀行や金券ショップに比べて10倍もお得になっていますが、ほとんどの人はこのことを知らないために利用していません。

両替の仕方がわからないといった声も多いですが、この手数料を考えると積極的に利用していきたいですね。

QLOOKアクセス解析