三菱東京UFJ銀行での外貨両替の手数料について

銀行の中で最大の店舗数を誇る、三菱東京UFJ銀行の外貨両替についてこの項ではお話していきましょう。

スポンサーリンク

三菱東京UFJ銀行の外貨両替 手数料


三菱東京UFJ銀行は、数ある銀行の中でも一番メリットが大きい銀行といえます。

まずは手数料を比較してみました。

手数料比較

三菱東京UFJ銀行   2円80銭
りそな銀行      2円70銭
三井住友銀行     2円70銭
福岡銀行       3円

手数料だけで判断すると、三菱東京UFJ銀行は
りそな銀行、三井住友銀行についで2番目になります。

ですが、三菱東京UFJ銀行をオススメする理由が3つあります。

1. 全国に支店が必ずある

三井住友銀行やりそな銀行などは、実は外貨両替専門の窓口でしか
割引ができません。そのため実際に近くの支店で両替をすると、
2円70銭での両替ができない場合があります。

それに比べて三菱東京UFJ銀行では、全国どの支店で両替しても金額は一定です。

つまり、実は
三菱東京UFJ銀行が一番お得に両替できる可能性が高い
ということが言えるでしょう。

2. 金額によっては割引が適用される

三菱東京UFJ銀行では、実はある金額の間だと割引に相当するサービスが存在します。
30万円〜50万円の間で外貨両替すると、2円80銭であったものが約2円60銭まで割引されるのです。

これは三菱東京UFJ銀行で30万円以上の外貨両替をすると、500円のギフトカードが貰えるという点を反映した金額になります。

3. 空港でもすぐに両替できる

りそな銀行では、空港での外貨両替に対しては割引が適用されません。つまり2円70銭で両替するためには、事前に店舗の窓口で手続きをしていないといけないということです。

三菱東京UFJ銀行では空港でも一律で割引が適用されるため、事前に両替できなかった場合でも、空港でも同じ手数料ですぐに両替することができます。

上記の3つの理由から、三菱東京UFJ銀行が銀行の中でも手数料が少なく一番利用しやすいといえるのではないでしょうか。

>>戻る

QLOOKアクセス解析